スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Wacomのペンタブレットドライバのエラーについて

ss038.jpg

いまやペンタブレットといえば世界的に見てもWacom(ワコム)ですが、それを動作させるドライバの不具合の多さについてもまた有名なWacom。
ググってみると、実に多種多様なエラーが報告されています。

カンジャが悩まされているのは、ドライバが途中で固まる現象です。
つまり、最初は正常動作していたのがいつの間にかおかしくなってしまうことです。
具体的には
・筆圧感知がきかなくなる
・ペンのカーソルが相対座標で動いてしまう、または全く動かなくなる
・「ドライバが正常に動作していない」という趣旨のエラーメッセージが出る
・タブレットのプロパティが開けなくなる

など、カンジャが実際に出くわしたエラーだけでもこれだけ挙げられます。

こういうときはドライバを再起動させるのが定石なので覚えておきましょう。
それが駄目なら、OSごと再起動、ドライバの再インストール、別のバージョンのドライバのインストール等を試す必要が出てくるでしょう。

以下、カンジャの環境
OS:Windows Vista SP1
タブレット型名:intuos3 PTZ-631W/G0
ドライバのバージョン:V6.05-7Jwi
でのドライバの再起動のやり方を説明しますが、同社の製品とドライバであれば有効であると思います。
またWindowsであればVistaでなくとも手順は同じです。

【続きを読む】
スポンサーサイト

Windows Vista・7でペンタブレットの引っかかりを無くす


コメントでWindows 7においても同じ方法で解決したとのご報告をいただきました。
より詳しい情報があればコメントにてどうぞ。


今回説明するのはWindows Vistaでペンタブレットを導入したら必ずやっておくべき設定だと思うのですが、Vistaのお節介機能に悩まされている人があまりに多いのと、マイクロソフトやペンタブの説明書での公式の説明がないため、ここに書き留めておきます。

【続きを読む】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。