スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イラストを描くときの心得

東方より、東風谷早苗。
ゲームパッドが中途半端に修復できたので今更ながら神霊廟の体験版をやりました。
早苗さんのウェーブが加速していました。

il071.jpg

私は色を起こす際の心がけとして、参考になる他人様のイラストを2つか3つほど拝借し、セカンダリモニタに置くようにしています。
理由は主に2つ。
ひとつは、相対的に色彩の感覚が保てること。
もうひとつは、モチベーションとコンセプトの維持です。
そして、大概は参考にしたイラストを超える魅力を引き出すことができずに完成に終わります。
そこで、自身のイラストと参考にしたイラストと、どこに違いが現れているのかを見直し、最終的にフィードバックを得て次に活かしていきます。

あくまで参考の範疇にとどめなければならず、トレースをしたり、モチーフをパクったりして自分の作品とするのは言うまでもなく御法度です!

コメントをどうぞ

コメントの投稿


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。