スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今、Tokyo Otaku Modeが熱い!

ss233.jpg

私がお世話になっている海外向け作品投稿サイト、Tokyo Otaku Modeの紹介です。
TokyoOtakuMode
http://otakumode.com/

Tokyo Otaku Modeとは一体…うごごご!


TokyoOtakuMode | About
http://otakumode.com/about

Tokyo Otaku Mode™(以下、TOM)は、2011年3月24日に“Facebook”上で、日本のアニメやマンガなどの最新ニュースやイベントレポート、関連グッズなど、いわゆる日本の“オタク”コンテンツを紹介するFacebookページ “Tokyo Otaku Mode™”( TOM http://www.facebook.com/tokyootakumode )を開設。現在、日本人運営のFacebookページでは、最大規模のLike!数を獲得しています(2012年12月13日現在)。また、日本のアニメ・マンガ関連のFacebookページでは世界最大級となっています。

2012年秋、新たなサービスとしてUGC(ユーザー生成コンテンツ)タイプのウェブサイト「TokyoOtakuMode ( http://otakumode.com )」をリリース。ユーザーは、コスプレやイラストなど自由に自身の作品を投稿し、世界に発信することができます。ここでは、ユーザー同士で交流できるフォーラム機能や、オタク関連ニュース専門サイトも展開しています。

TOMは、提供するサービスを通じて、日本のオタク文化ファンの皆さんの“オタクライフ”をより充実したものとし、世界のエンタテインメント市場に新しい価値を提供して行きます。


とまあ胡散臭いですが、スタッフから直接お話を伺って利用してみたところ、かなり良かったので紹介します。
海外に向けたオタク文化発信への熱意をここまで本気で注いでいるサービスは他に存在しないでしょう。

ss236.jpg
トップページではいろいろなジャンルの投稿作品が一覧できます。
フォローユーザーの作品表示に絞ったり、ドラッグアンドドロップでお気に入りを分類できるコレクション機能を使用することができます。


絵描きの皆さんはpixivで投稿している方が多いと思いますが、deviantARTなどの海外向け投稿サイトまではハードルが高くてなかなか手を広げられないですよね。
TOMは日本から能動的に発信するサイトなので、日本語と英語のギャップを埋めて少しずつ海外展開をしていくにはうってつけの場所です。

ss235.jpg
投稿画面や設定画面は日本語化なされており、英語が苦手な人にも少しずつ配慮されてきています。
また一部のユーザーに限られますが、作品説明の翻訳サポート(人力)もあります。


Facebookアカウントかメールアドレスですぐに登録できるので、興味をもたれたらぜひ参加してみてください。
(登録しなくても閲覧だけすることもできます)

私のページ
KNJ on TokyoOtakuMode.com
http://otakumode.com/knj

各所で話題に…ステマではない


少しずつですがイラストレーター・コスプレ業界を中心に着実に浸透しています。






他、すごいイラストレーターの方々


私のオススメ(敬称略)

岸田メル
http://otakumode.com/mellco

S@e
http://otakumode.com/sae

オオタニヨシミ
http://otakumode.com/funarium

ファルまろ
http://otakumode.com/falmaro

イラスト以外の分野はわかりませんが、プロアマ問わずレベルの高い人が集まっているので、モチベーションアップにもつながります。

TOMの今後はどうなるのか


TOMはまだ開始して間もないサイトであり、海外ではかなり認知度が高まっているものの、全く新しいことに取り組んでいるので、これからどうなっていくかは予想ができません。
そのため、いろいろなクリエイターと意見交換しながら運営や開発を行うことを何より重視しているそうです。
クリエイターにとってはその点安心して利用することができるので、他に心配となる要素は頑張っているスタッフのみなさんの健康状態だったり…。

あと、個人的にいいなと感じたのが同人誌の海外販売です。海の向こうでは薄い本はかなり物珍しいものに見えるようです。個人で本格的な冊子を作れるというところと、日本の印刷技術の高さに惹かれるみたいです。

TOMは海外展開を考えているクリエイター向けのサービスとして運営されていますが、この機会に海外へ向けた同人活動やお仕事を視野に入れてみるのもいいかもしれませんね!

おまけ



作品投稿の他、ニュース・フォーラム・アプリ・ショップといったさまざまなサービスも魅力的です。

コメントをどうぞ

感動しました。

コメントの投稿


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。